>

子育てをしながらでも働ける環境

容体が悪くなっても安心できる

職場に託児所がついていれば、子供の容態の変化にすぐ対応できるというメリットが生まれます。
職場から離れた保育施設に子供を預けていると、対応が遅れてしまいます。
子供の容態が悪くなったと連絡を受けてすぐ迎えに行っても、時間がかかればその間に容態はどんどん悪くなってしまいます。
子供の身体はデリケートなので、すぐ病院に連れて行くことが重要です。

そのためにも、託児所が職場にあった方が便利です。
子供の容態が悪くなっても同じ場所にいるので、すぐ駆けつけることができます。
自分から子供に、会いに行くこともできます。
頻繁に顔を見せれば、子供も安心感を抱くでしょう。
お互いにメリットがあるので、託児所を上手く利用してください。

災害が起こっても一緒にいられる

震災は、いつ起こるか分かりません。
子供を保育施設に預けている時に、震災が発生することだってあります。
そうなれば、子供の安否が気になってしまいます。
職場内に託児所があれば、震災が起こった時にすぐ子供の元へ行くことができます。
ずっと一緒にいられるので、万が一の事態が起こっても安心ですね。

震災が起こった時が子供も不安でしょうから、なるべく一緒にいてあげてください。
できれば震災は起こらない方が良いですが、どうしても避けられないことがあります。
何が起こっても安心できるように、職場を見つけてください。
震災が起こって子供の安否が分からなかったら心配で身体を休ませることもできません。
それでは、精神的に疲れてしまいます。


この記事をシェアする